SEつれづれ日記

現役SEの私が日々感じたことを、つれづれなるままに書こうと思っています。
同業者や、まったく異業者の方の意見をお待ちしています。

★★ JUGEMの調子が悪いようですね。表示できない場合は、時間をおいて、再度伺ってくださいね。★★
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
新しいメルマガ始めました! 
「一から学ぶ、漢字検定準1級講座」
 http://www.mag2.com/m/0000201789.htm

★絵本のブログ始めました★ ☆絵本から学ぶ 幸せのヒント http://ehon.iiehon.com/
 

★絵本のブログ始めました★

☆絵本から学ぶ 幸せのヒント

http://ehon.iiehon.com/








★漢字のメルマガを発行しています★

メルマガ登録・解除
一から学ぶ、漢字検定準1級講座
一から学ぶ、漢字検定準1級講座
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

メルマガ登録・解除
毎回問題配信!漢字検定のお勉強
毎回問題配信!漢字検定のお勉強
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ


【 稟議書を上手に書くには? 】

レポート・報告書がスラスラ書ける77文例集―上司・得意先が感心する 出張報告書から稟議書までそのまま使える文例満載
レポート・報告書がスラスラ書ける77文例集―上司・得意先が感心する 出張報告書から稟議書までそのまま使える文例満載

完全保存版 ビジネス文書基本文例180―報告書から取引文書・詫び状まで、このまま使える!
完全保存版 ビジネス文書基本文例180―報告書から取引文書・詫び状まで、このまま使える!
安田 賀計










◆ブログランキングに参加しています◆
    ※もしよろしければ
     クリックをお願いします
  →→ 人気blogランキングへ ←←

RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE



 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
不満に思うことは、悪いことではない

出展を忘れてしまったのですが、

ちょっと気になった言葉があったので、
紹介します。

◆不満とは

不満そのものは、悪いものではない。

不満があるから、改善ができる。

不満を元に、改善していこう。

不満に感じたことを、愚痴にするのでは成長は望めない。



不満があるから、成長できるんですよね。

不満に思ったことを、愚痴って改善する気持ちを停めてしまうと、
せっかく成長するチャンスを、自分で潰してしまうことになるんですね。


「ああ、不満だなぁ」 と思ったら、
「さて、どう改善しよう」 と、反射のように思うようになれれば、

どんどん成長できる
んでしょうね。


ちょっと自分への反省を込めて配信しました。
スポンサーサイト
- | 12:26 | - | -
コメント
from: dama_yan   2006/08/09 12:30 AM
不満があるから改善できるという言葉、私もどこかで見た記憶があります。

先日読んだ、本(発想法)にも、"不"のつく言葉に注目するという内容がありました。
おおかたのアイデアは「不」の解決策なんだそうです。

不満を感じたら、それに反射して改善を考える思考のフレームを確立できるといいなぁ。。と思います。
from: takuaki   2006/08/09 8:16 AM
ぐまおさん、dama_yanさん、こんにちは。
時々不満に思う自分を嫌になったりしていましたが、
「さて、どう改善しよう」と、反射のように思うようになれればいいのですね。難しいけれど・・・。

from: gumao   2006/08/09 6:45 PM
dama_yanさん、こんばんは。
> おおかたのアイデアは「不」の解決策
そうですね。「必要は発明の母」なんですよね。
不満だから、改善できるところがあるんだという気持ちになれるようにしたいですね。
ところで、「思考のフレームを確立できるといいなぁ」というフレーズ、とても気に入りました。
私も使わせてくださいね。

takuakiさん、こんばんは。
不満だ〜と思ったとき、どうしても愚痴が先行してしまうところを
反省を込めて、記事にしました。まだまだ人間ができておりませんね。
この記事のことを何度も繰り返し思い出すことで、思考のフレームを確立させていこうと思います。
(思考のフレームを確立…やっぱりかっこいい。)
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://se-kuma.jugem.jp/trackback/639