SEつれづれ日記

現役SEの私が日々感じたことを、つれづれなるままに書こうと思っています。
同業者や、まったく異業者の方の意見をお待ちしています。

★★ JUGEMの調子が悪いようですね。表示できない場合は、時間をおいて、再度伺ってくださいね。★★
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
新しいメルマガ始めました! 
「一から学ぶ、漢字検定準1級講座」
 http://www.mag2.com/m/0000201789.htm

★絵本のブログ始めました★ ☆絵本から学ぶ 幸せのヒント http://ehon.iiehon.com/
 

★絵本のブログ始めました★

☆絵本から学ぶ 幸せのヒント

http://ehon.iiehon.com/








★漢字のメルマガを発行しています★

メルマガ登録・解除
一から学ぶ、漢字検定準1級講座
一から学ぶ、漢字検定準1級講座
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

メルマガ登録・解除
毎回問題配信!漢字検定のお勉強
毎回問題配信!漢字検定のお勉強
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ


【 稟議書を上手に書くには? 】

レポート・報告書がスラスラ書ける77文例集―上司・得意先が感心する 出張報告書から稟議書までそのまま使える文例満載
レポート・報告書がスラスラ書ける77文例集―上司・得意先が感心する 出張報告書から稟議書までそのまま使える文例満載

完全保存版 ビジネス文書基本文例180―報告書から取引文書・詫び状まで、このまま使える!
完全保存版 ビジネス文書基本文例180―報告書から取引文書・詫び状まで、このまま使える!
安田 賀計










◆ブログランキングに参加しています◆
    ※もしよろしければ
     クリックをお願いします
  →→ 人気blogランキングへ ←←

RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE



 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
計画は細かく、欲張らない

昨日の記事を読み返してみたのですが、

肝心の講演の内容がぜんぜん書かれていなかったので、
今日は、吉越社長の講話の中で、1点心に残った点を紹介しますね。


吉越社長は、講演の中で、
【 デッドラインをつける 】という言葉をよく使っていました。


なお、デッドラインとは、「誰が」「何を」「いつまでに」 を決めたもので、

いつまでに】 を確実にやりきることを社員に徹底付けたものです。


この「デッドライン」を決めて、必ずやり切ることで、
業務スピードがどんどん上がっていくんだそうです。

(※トリンプでは期限を守れなかったら、罰金なんだそうです。)


なお、このデッドラインの「いつまでに」の日付ですが、通常【明日】、
長くても、【1週間】にすることがポイント
なんだそうです。


大きな課題を与えて、期限を長めに設定しても、
結局、締め切り直前にならないと、業務を開始しないもの。

ならば、業務を細分化して、その日にできる内容にし、必ずこなす。


そうすることで、どんどん前に進んでいけるんですね。


課題を大きめに設定しない
 → やり切るサイズにして、必ずその日にやり切る!

これがポイントでしょうか。


また、吉越社長は、こうもおっしゃっていました。

もし、あなたの組織で、このデッドラインを決めて仕事していく方法をとる場合、
最初から、多くのデッドラインを作らないことが肝要だそうです。

欲張って、いきなりたくさんのデッドラインを作っても、
期限を守れず、モチベーションが下がるだけなんって。


最初のうちは、デッドラインを2・3個にして、
【 確実に実行する 】 ことにウエイトを置く。

たくさんこなすよりも、やりきることのほうが大切だということでしょうね。


このデッドラインの考え方は、チームでやってもいいでしょうし、
個人として使っても、十分効果がでそうです。


ふと、私の手帳を見直すと、その日の計画が
びっしりと書いていることに気付きました。


しかも、そのうち、半分は次の日に見送られています。

いけませんねぇ。
やりきることより、たくさんこなすことを優先していました。

びっしりと計画を書くのではなく、
確実に実行することにウエイトを置くようにしてみようかなと思いました。
スポンサーサイト
- | 12:08 | - | -
コメント
from: エトワール   2006/10/20 10:33 PM
前に居た職場では常にPDCAを小さいサイクルで回す、というのを徹底的にやらされていました。個人で作業に取り掛かるときも同様です。
ただそれを自分でチェックしなければならないのがデメリットでしたけれど(笑)
仕事でなくても手帳(フランクリンプランナー)やノートにとにかくやること書いてプライオリティづけしてます。
from: うっしー   2006/10/21 12:50 AM
以前に吉越さんの本を読みましたが,相当に厳しい会社だと感じました.この社風に慣れなくて,やめていく人も多いようですね.
from: takuaki   2006/10/21 7:47 AM
ぐまおさん、こんにちは。
私もよく期限を切って仕事をします。
自分で自分の首をしめるようなところがあるので、
ぐまおさんのおっしゃるように、
「確実に実行することにウエイトを置く」ことがポイントですね。
from: dama_yan   2006/10/21 12:34 PM
こんにちは。
私もうっしーさんと同じく、吉越社長の本を読んだことがあります。
デッドライン、欲張り過ぎないよう気をつけなくては・・
from: mamakun_6v6   2006/10/23 9:21 PM
ぐまおさん、こんばんは。
私も、その日の目標を決めて、必ず定時内に終わらすようにしています。残業が出来ない分、毎日、時間との戦いですが、ダラダラ残業しているよりも、遥かに効率が良いと感じています。上司もこれを認めてくれています。
from: gumao   2006/10/25 12:08 PM
みなさん、大変お返事が遅くなりました。
申し訳ございません。

エトワールさん、こんにちは。
そうですねぇ。どうしても、自分で自分をチェックすると、甘えがでちゃいますよね。
私自身も、厳しくしているつもりですが、ついつい甘えがでちゃいますね。
気をつけないと…。

うっしーさん、こんにちは。
確かに、講演会の中でも、吉越社長も「中途採用の方は、まずついてこれないだろう」って言っていましたよ。
他の会社に比べて、相当厳しいのでしょうね。

takuakiさん、こんにちは。
私も自分のタスクを締め過ぎて、よく首が回らなくなってしまうことがあります。
以前、他の部の上司から「実際にかかる時間の2倍で見積もっておけ」と
アドバイスをうけたことがあります。
欲張らずに、確実に実行していこうと思います。

dama_yanさん、こんにちは。
私も、吉越社長の本を読んで、とても興味をもったので、
今回のセミナーに参加しました。
いっぱいセミナーで学んだのですが、まず「デッドラインを欲張らない」に気をつけていこうと思います。

みっちゃん、こんにちは。
> ダラダラ残業しているよりも、遥かに効率が良いと感じています。
私も同じ考えですよ。早くやるべきことをやって、自分の時間を作って、有意義に過ごしたいですから。
ただ、みっちゃんの上司のような考えとは違って、
残業をしているほうが、仕事をしているという感覚の人もいますよね。
理解のある方が上司で、みっちゃんはいいですね。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://se-kuma.jugem.jp/trackback/675